年中行事
Annual Events

1月の年中行事一覧

1月1日

0時

 元旦初詣

初太鼓とともに初詣が始まります。

*各種新春のご祈祷も受け付けております

1月1日

5時

 歳旦祭(さいたんさい)、摂末社巡拝 ※拝観不可

年頭に当り世界の平和、国家・皇室の安泰、万物の幸福を祈ります。

1月2日

10時

 日供始式並興福寺貫首社参式
 (にっくはじめしきならびにこうふくじかんすしゃさんしき)

年中奉る朝夕の日供を年頭にあたって本年も恙なくご奉仕できるよう祈念し、大神様のご加護を願います。併せて当社とゆかりの深い興福寺の僧侶が、神前にて読経を行います。
場所:中門下・若宮神社拝舎

春日大社と興福寺は、藤原氏の氏神・氏寺として古来一体となってお祭に奉仕してきましたが、明治維新の神仏分離により一時中断されました。現在は1月2日に興福寺の貫首が従僧を従えて社頭の中門下に着座して、唯識三十頌ゆいしきさんじゅうじゅを奉唱し、次いで若宮神社前で般若心経をあげます。神仏習合時代の神前読経が偲ばれる珍しい行事です。

1月3日

11時

 神楽始式(かぐらはじめしき)

社伝神楽の奉奏始めに御巫が秘曲である「神おろし」を奏し、また一臈の御巫が「千代まで」を奏して国家の安泰ならびに今年一年間、神楽の奉奏が恙なくご奉仕できるよう祈念します。

場所:中門前

延喜20年(920年)宇多法皇春日御幸の際、国司の藤原忠房が詠じた「珍しな今日の春日の八乙女を神もうれしとしのばざらめや」は、現在も春日の神楽歌としてうたわれ、「拾遺和歌集」の神楽歌の巻にも納められています。春日の社伝神楽は代々歌舞を伝承した神職家の冨田光美(とみたみつよし)によって、慶応の頃から明治初年にかけて熱心に全国へ伝授(神祇官の命をうけて)、香川県の金刀比羅宮、山形県の出羽三山神社、神奈川県の大山阿夫利神社では現在でも大切に伝承されています。

1月5日

7時

南市恵毘須神社例祭(南市初えびす)

南市恵比須神社は、市場の守護神、“えびすさん”で親しまれる福徳神をお祀りする春日大社の末社です。4日は17時より宵宮祭で宵戎として19時頃まで、当日は初戎として終日、南市町衆が作る吉兆笹、また、神職が御祈祷した御守を受ける参拝者で賑わいます。
場所:南市恵毘須神社(市内南市町)

1月7日

10時

 御祈祷始式(ごきとうはじめしき)

中臣祓(大祓詞)を奉唱して、国家安泰、皇室と国民の攘災繁栄を祈り、続いて直会殿において、掲げてある春日明神の「鹿島立神影」に対し、拝礼を行い、狂言が奉納されます。 式後、「中旬の献」と呼ばれる饗膳が供せられます。

場所:幣殿(儀式)、直会殿(狂言奉納)

中旬の献とは明治25年の御祈祷始式再興以来の呼び名ですが、室町以来の1月7日に行われた三惣官(神主・正預・若宮神主)からふるまわれる「初饗の祝儀」「若菜の祝儀」も加味された料理で、白蒸、小豆粉、ぶりの塩焼き、鯛の刺身などに濁酒を添えたもので、当社の古式神饌を模した直会の食べ物であります。

●五節供
1月7日…御祈祷始式(人日[じんじつ])
4月3日…上巳節供祭
5月5日…菖蒲祭(端午節供)
8月7日…七夕節供祭
10月9日…重陽節供祭

めでたい日ですので、参拝してご祈祷等をお受けになる吉日でもあります。

1月10日

10時

 春日の十日えびす

場所:佐良気神社

佐良気さらけ神社は境内の若宮神社南側にご鎮座され、蛭子神(「ひるこのかみ」と呼ばれ、一般にはえびすさんとして親しまれてます)をお祀りし、10時から15時頃まで吉兆笹や御札などを受ける参拝者で賑わいます。また、福娘が参拝者に対して縁起物や御札・御守り等の授与をします。

成人の日

13

 舞楽始式(ぶがくはじめしき)

南都楽所の奉仕により舞楽が奉納されます。これは神々に一年間、無事に舞楽が恙なくご奉仕できるよう祈念する神事です。
場所:林檎の庭

雅楽は7~8世紀ころ大陸各地から伝来したもので、平安期に入って宗教儀礼として芸術的に賞揚されましたが、中世宮廷が衰徴しわずかに京都、四天王寺、南都に伝わります。これを三方楽所といい、特に南都では春日の神事芸能として現在まで伝承されています。

1月下旬

13

 春日の大とんど
 ※13時より祭典を執行、18時頃までお焚き上げを受付
 ※開催日は年によって変更あり(雨天時は翌日10時~14時に順延)

小正月の伝統行事である「大とんど」を境内の飛火野で開催。飛火野に火炉(5m×5m、高さ3m)を設置し、正月に神社に持ち込まれた古い御札や御守り、注連縄などを焚き上げます。当日の会場への直接の持ち込みも可能です。事前に奈良市観光協会にて募集したボランティアにより、ダイオキシンが発生しないよう御守りなどからビニールを除去する分別作業を行い、環境にも配慮した大とんどにしています。


場所:春日大社境内飛火野