国宝殿
Kasugataisha Museum
冬季特別展「日本の名刀と武具-刀剣の歴史と病魔退散の祈り-」

画像をクリックして拡大

開催期間

前期:2020年12月26日(土)〜2021年2月7日(日)
後期:2021年2月9日(火)〜2021年4月4日(日)

開館時間

10時~17時(受付終了16時30分)

休館日

2021年2月8日(月)

拝観料

一般500円(一般団体20名以上400円)、
高校・大学生300円、小・中学生200円(※大学生以下の団体料金設定はありません)

冬季特別展「日本の名刀と武具-刀剣の歴史と病魔退散の祈り-」
春日大社が所蔵する国宝・重要文化財の名刀をもとに日本刀剣史をたどりつつ、新型コロナウイルスの収束が見通せない昨今、『春日権現験記』などの資料と共に、古の人々が刀剣や弓矢などに武具に込めた病魔退散の祈りを探ります。
主な展示品

【前期展示】 国宝 金地螺鈿毛抜形太刀

【通期展示】 国宝 菱作打刀

【通期展示】 重要美術品 黒漆山金作太刀 無銘(古伯耆)

【通期展示】 春日本 春日権現験記 第六巻(部分)

【通期展示】 重要文化財 赤胴造太刀 銘 友成

【通期展示】 重要文化財 三鈷柄籐巻剣