ご案内/参拝案内


参拝の仕方

社参拝の時、もっとも大切なことは、真心をこめてお参りすることです(神棚へのお参りでも同じ)。どう心を込めるかはお参りする皆さん各人各様ですが、神前での二拝二拍手一拝は、神様に誠の心を捧げるための「作法」の基本形です。全国神社の中には別作法の所もありますが、おかげを戴いていることに心から感謝して行うことが一番大切です。
春日大社 参拝の仕方

鳥居・山門 春日大社
鳥居・山門 春日大社
参道は神様のお通りになる道でもあります。中央を歩むことをご遠慮申します。鳥居は神聖な空間を示す結界です。神社の鳥居の前で一礼します。

手水(てみず)春日大社
手水(てみず)春日大社
お参り前に身を清めます。神社の場合は略式の禊(みそぎ)となります。ひしゃくに水を取り、左手→右手の順に洗い、次に左手に水を受けて口をすすぎ、もう一度左手を洗い、後の人のためにひしゃくを立てて柄を洗います。手と口は人が最も罪や過ちを犯しやすいところなのです。


さい銭を入れる 春日大社
さい銭を入れる 春日大社
神仏にお礼や願いの気持ちを込めて供えるものなので、投げるのは失礼にあたりますし、人にあたると危険です。さい銭箱の前まで行って心を込めながらそっと入れましょう。

拝礼 春日大社
拝礼 春日大社
神社では二拝二拍手一拝。

一、深々と二礼

二、拍手を2回。この時右手を少し下にずらし、そして祈りを捧げます

三、深々と一礼

※神社によって、参拝方法が異なる場合があります。
 その旨の表示に従いましょう。



ホームご利用条件プライバシーポリシーサイトマップお問い合わせ

春日大社 〒630-8212 奈良市春日野町160   電話:0742-22-7788 FAX:0742-27-2114
Copyright (C) 2009 Kasugataisha. All Rights Reserved.